イチオシの海上コンテナ

多くの人たちが輸送には海上輸送を利用しようと考えているのではないでしょうか。あなたが海外進出について考えるとき、やっぱり海上輸送の問題は、大きく立ちはだかることでしょう。

成功の「鍵」もここにあると言っていいのかもしれません。

海上輸送はどのように行われているか、どの程度費用がかかってしまうものか、海上輸送のメリット、デメリットもしっかり把握しておくようにしましょう。

輸送コンテナなら中古コンテナ.netがオススメ

海上輸送とは

そもそも海上輸送とはなんなのでしょうか。海上輸送とは、海上を利用した旅客輸送・貨物輸送を指す用語です。

日本は特に島国なので、海上輸送に対しての依存度は相当大きいと考えることができます。

海上輸送を利用する人たちは、リーズナブルに利用出来るから海上輸送にメリットは大きいと考えています。

なぜ、海上輸送にメリットがあるのかと言えば、海上輸送では、基本的にコンテナ単位で輸送、コンテナ自体に荷揚げ・荷下ろしの効率を追求し、貨物へのダメージの防止、輸入の申告をスムーズにする効果を期待することができるからです。

まさに、現在、海上輸送のメリットは、コンテナに存在していると言ってもいいでしょう。

コンテナの種類

そして、海上輸送について向きあえば、自ずとコンテナの種類について知ることになります。

コンテナは、規格を持ち統一されているから合理性があり、スムーズに業務を進めていくことができます。

まさに、規格というのは、コンテナにとって大事な言葉です。

しかし、規格の中で、コンテナが一種類しかないというのなら、また海上輸送は効率の悪いものになってしまうでしょう。

そこで、コンテナの種類というものがあります。それを私達が認識しなければなりません。

「ドライコンテナ」は、海上輸送で一番使用されているコンテナです。ISO規格によってのサイズタイプがあり、主には、20ft(長さ6m)、40ft(長さ12m)の種類があります。

「冷凍冷蔵コンテナ(リーファナーコンテナ)」は、冷凍ユニットを内蔵し、温度保持機能を持つコンテナのことです。

現在では、このようなコンテナももはや必要不可欠です。私達は、それほどまでに冷凍食品に依存しているところがあります。

また、「オープントップ(屋根開閉式)コンテナ」とは、天井面がシートで覆われているコンテナのことです。屋根部分は開放することができ、上部から荷役をすることができます。

ドライコンテナではなかなか収容することができないものに対してこのようなコンテナが対応します。

また、コンテナには、「フラットラックコンテナ」、「フラットベッドコンテナ」、「タンクコンテナ」と言った種類があります。