合宿免許のカップルプランとは?一般との違いをご紹介

合宿免許は一人では不安だけど、恋人同士で参加すると安心だし楽しそうと思う人も多いのではないでしょうか。では恋人同士で参加する合宿免許のカップルプランとはどういったものなのでしょうか。

カップルプランで注意する点とは

彼氏や彼女と一緒に免許を取得したいと考えた時、通学免許よりも合宿免許のカップルプランを選ぶ人もいるのではないでしょうか。しかし、これには年齢制限がかかっていることがほとんどであり、未成年の場合は参加そのものが不可の場合や、カップルプランに参加するために親の同意書が必要になります。20歳以上の大学生の場合でも、学校の規則によっては同意書が必要になることもあるため、注意が必要です。その他には、カップルプランでツインなど同じ部屋に宿泊する場合は、同性で宿泊するツインの部屋代よりも割高になる傾向があります。理由の一つとして、一般の宿舎は学校寮の場合が多いですが、カップルプランではホテルやマンションを使う事が多いため、宿泊施設のグレードが高くなるためです。そうなると必然的に費用も割高になり、相場としては一般のプランよりも1万円ほど上がり、時期によっては2万円ほど高くなることもあるので、2人でしっかり話し合って決めましょう

カップルプランのメリット

カップルで合宿免許に参加することで、メリットもたくさんあります。免許を取得するまで、悩んだり分からない部分が色々出てきた場合も、恋人同士で励まし合ったり教え合ったりすることで、モチベーションも上がり、心強いのではないでしょうか。また2週間という長い時間一緒に過ごすことが出来るので、同棲しているような感覚になれます。さらに、地元を離れ、地方の合宿免許に参加している場合は、空き時間にはぶらっと周辺を散策したり、地元の美味しい料理を食べたりして、2人で旅行しているような楽しい気持ちになれることも。宿泊施設も、ホテルやマンションとなる場合が多く、快適な合宿生活が送れます。ホテルの場合は、セキュリティ面やアメニティの充実などで、リッチな気分を堪能することもできますが、もう少し費用を抑えたいのであればマンションがおすすめです。料理や掃除も自分たちで行う必要がありますが、2人で食事を作ったりすると、より同棲や新婚生活のような気持ちが味わえます。

カップルプランのデメリット

カップルで一緒に免許を取得する合宿免許は楽しいことも多いですが、デメリットもいくつかあります。まず2週間という長い時間をずっと一緒の部屋で過ごすため、生活リズムが合わないと苦痛になったり、ケンカになって気まずい思いをしたりすることもあるでしょう。ある程度長い付き合いで、お互いを良く分かっているカップルの場合は問題がないことも多いですが、付き合って間がないカップルの場合は注意が必要です。カップルで合宿免許に参加したことで、今までの関係が悪くなるといったことにならないためにも、参加するまえに十分2人で話し合うことをおすすめします。他には一緒に入校したものの、どちらかの卒業が遅れてしまうと一人で宿舎に残って教習を受けることになってしまいます。そういった寂しい事態にならないためにも、お互いしっかりサポートし合い、できるだけ一緒に卒業できるように努力することが必要です。

カップルプランは参加前によく話し合おう

カップルでの合宿免許は、「楽しそう」と思って安易に参加すると「こんなはずではなかった」「2人の関係が悪くなった」ということにもなりかねません。参加前には必ずプランをしっかりチェックし、分からないことがあれば教習所に問い合わせ、2人でしっかり話し合ったうえで参加するようにしましょう。

投稿を作成しました 39

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る