大学生が自動車の免許を欲しいなら合宿免許を活用しよう

大学は高校までと違い、まとまった休みを取りやすいです。もしも、自動車免許を取得したいときは、そのまとまった休みを有効活用できる合宿免許を利用しましょう。

AT限定の自動車免許でよい場合はたった14日で取得が可能

高校を卒業して大学生になったのなら、行動範囲がかなり拡がるため、自動車の免許が欲しくなるかもしれません。しかし、わざわざ数ヶ月かけて、教習所に通って取得するのは面倒だと考える場合もあるでしょう。そのときに活躍してくれるのが、教習所が提供してくれる合宿免許というシステムです。合宿免許は教習所の近くの宿泊施設に泊まりながら、集中的に運転技術や交通に関する法律などの勉強をすることになります。AT(オートマチック)限定の自動車免許でよい場合は、たった14日で取得が可能です。半月程度で堂々と公道を走れるようになるため、できる限り早く自動車の運転がしたい方にはピッタリでしょう。

なお、就職のことを考えて、乗れる車の種類を増やすために、MT(マニュアル)の免許のほうがよいと思う方もいるかもしれません。もちろん、合宿免許はMTにも対応していて、AT限定よりも2日間長い16日間通えば取得できるようになっています。あとからAT限定を解除することもできますが、費用や時間がかかるので、必要だと思うなら最初からMTでの取得を目指したほうが無難でしょう。

安さを求める場合は長期休暇のシーズンを避けよう

大学が定める各休みはとても長いため、その期間で合宿免許を利用しようと考えるかもしれません。しかし、できる限り費用を安く抑えたくて、合宿免許を選んでいるのならそれらのシーズンに利用するのはおすすめできないです。なぜならば、教習所は夏休みや春休みなど、長期休暇のシーズンは料金を値上げしている場合が多いからです。安いときと比べて数万円の差があることも珍しくはないため、思っているよりも節約できないケースもあります。可能なら値上がりする時期を避け、それ以外の時期で休みを取って合宿免許を利用したほうがお得でしょう。

なお、参加する時期によって料金の差がどのくらいになるのかは、教習所が運営するホームページで詳しく調べられます。そこには時期によって異なる合宿免許の料金が記載されているため、どの時期が高くて、どの時期が安いのかしっかりと把握できるでしょう。

友達と一緒に参加をすることが可能

合宿免許は単独で申し込むことができますが、一人で参加しなければいけないという決まりはありません。大学に入ってからできた友達と一緒に参加しても問題はないため、自動車の免許に興味がある方が周りにいるときは同じ教習所の利用を考えましょう。心を許せる友達と一緒に合宿免許に参加すれば、勉強や講習だけではない、楽しい思い出づくりにもなります。ちなみに、二人以上で申し込めば、料金がお得になるキャンペーンを行っているところもあります。キャンペーン情報をチェックすれば、一人あたりいくら安くなるのか記載されているので、どのくらいお得になるのか把握したうえで申し込みましょう。

うまく活用すれば安く早く取得ができる

安い料金かつ短期間で自動車の免許を取得したいときは、参加する合宿免許をしっかりと選びましょう。通う時期や割日キャンペーンの利用をうまく活用すれば、満足できる条件で取得が可能です。

投稿を作成しました 39

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る