イチオシの海上コンテナ

海上輸送のコンテナを利用するとき、LCLとFCLかどっちにしていいか迷うことって多々あるかもしれないですよね。

そのようなとき、どの対処すればいいのでしょうか。

LCLとFCLどっちにしよう

LCLとFCL、そこにあるのは、「小口貨物」と「大口貨物」という違いです。

しかし、小口貨物と大口貨物と言われても、あなたの貨物がどっちだかわからない中途半端……ということもあるでしょう。あれ?これはFCLかしら?それともLCLかしら……どちらにしよう……って、いちいち考えるのって非常に効率が悪いことですし、面倒くさいですよね。

海上輸送のコンテナの貨物の量が9CBM、また、10CBM程度では、小口では、量が多すぎ、しかし大口では、空きが出てしまうということがあります。

そのような事態のとき考えるべきポイント

そのような事態のとき、考えるべきポイントは、 様々経費を安く抑えることができるか、納期を優先するか
、安全優先をとるかあたりではないでしょうか。

量で、優先順位を決めることができないでいるのなら他の条件で 優先順位を決めてみましょう。

できるだけリーズナブル料金

あなたができるだけリーズナブル料金で輸送したいというのなら、どうすればいいかということですが、FCLにしたほうがリーズナブルだったり、LCLにしたほうがリーズナブルということがあります。

はじめて海上輸送という方々は、判断が非常に難しいのかもしれないですが、そのような場合は、様々な業者で「見積もり」をしてもらうことをおすすめします。

もちろん、海上輸送について慣れて来れば、段々とそのような問題も回避されていくのでしょうけど。

納期を優先させたいのならどうすればいい

では、海上輸送のコンテナにおいて、納期を優先させたいのならどうすればいいのでしょうか。

FCLのケースでは、基本コンテナをそれぞれ自分自身で手配します。そして自分達の手で詰め込みをしていきます。

そのままドライバーに港まで運ばれて、そのコンテナをそのまま船に積むことができます。

LCLの場合は輸出者がトラックを手配して、コンテナ バンニング、そのまま港へ運ばれていきますが、そのあとは、その荷物を他の貨物と一緒にひとつのコンテナに入れないといけませんよね……。

その作業があるためFCLよりも早めに港に貨物を運んでおく必要があります。

デバンニングをいちいちしなければならないから、FCLを選択した時よりも、時間はかかってしまうことになります。

また、LCLの場合はいろいろな人たちが介入して貨物が移動されるので、モノが破損してしまう場合もあるので注意が必要です。